スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の妻

ここで言う“妻”は、私の母のことです。
父にとって私の母は、自分の妻であるとともに、自分の母親的な存在でもあるようです。
何か体調に異変があるとすぐに「お母さん、おかあさん」と呼び、母は何もすることが出来ないのを百も承知で呼んでいます。私を呼ぶ中継地点と思っているのでしょうか?それとも、母に訴えることで、精神的負担を軽くしようと思っているのでしょうか?

父の会話の中には、学校では習わないような難しい単語をよく使います。母には通じません。
すると父は、噛み砕いて本当に分かりやすく言葉の説明をします。母は素直に聞いています。
その光景はとても自然で嫌味がなく、微笑ましいほどです。
ま、私としては、こういう高度な知識を持って会話をするのだから、自分の体調不良にも常識をもった判断が出来ないのかと、多少腹立たしさも感じてしまうのですが…。

さて、次は母ですが、母は父を、まるで自分の子供のように思っている節があります。
何かを決めるとき、ちょっとでも父が迷いを見せると「それはこうでしょ!」と、母親が子供に言って聞かせるような口調で言います。素直な父は「あ、そうだね」とそのまま従います。

何か食べ物をあげるとき、母は父に一番よいところを一番多くあげるように感じます。
また自分の世界は父に尽くすことで出来上がっていると思っているようです。

嘗て私は、母はもっと自分と言うものを持っている人だと思っていました。何事にも厳しい人で、家の中をしっかりと取り仕切っていました。
勿論仲良く二人で旅行などはしたことがありません。旅行はいつも父が中心です。私は娘と二人で旅行もしますし、初めての海外旅行は下の娘と一緒でした。
夜遅くまで、母と二人で話しこむなんてこともありませんでした。
一緒に映画を見たこともないし、小さい頃の思い出は、何事にもいつも私のやることを反対し、叱られている思い出ばかりです。私の母というよりは、“父の妻”という立場を最優先していたように思うのです。

若い頃は、きっと一生懸命だったのでしょう。
今では私の意見を最重要視して、何でも私の言うことは聞いてくれます。すっかり可愛いおばあちゃんになってしまいました。

私は母に、残された余生を楽しんでもらいたいと思うのです。父の妻としてではなく、一人の人間として、そして母親として。

一緒にお買い物にいくのもいいでしょう。その出先で、美味しいものを食べたり飲んだり。いろんなことを二人で経験したいと思うのです。
私は母親として思う存分楽しんでいます。娘二人とは旅行だけでなく、お買い物にも行くし観劇も一緒です。結果はたかられるのがオチですが!

明日から父はリハビリを再開します。朝出掛けて3時半過ぎまでは母はフリーです。
いっぱいいろんなことを計画しようと思っています。

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

一緒におさんぽ

このところ昼間はのんびりまったりと過ごしています。
細々と動くこともあったり電話や宅急便などで落ち着かない事はありますが。

仕事は夜と決めていますが、昨日今日と昼間から仕事をしています。といっても、集中して出来るのはせいぜい2~3時間少々。あとは仕事部屋から家に帰って細々雑用です。

夕方からの犬の散歩は、今日も母と行ってきました。
最近では「一緒に散歩行く?」と聞くと「行こうか!」とすんなりOKです。
別に何を話すわけでもないけど、一緒にプラプラ歩いてご近所さんとご挨拶して、それだけで満足です。

歩道などは一緒に並んで歩く事はできません。犬に絡まって転ばないよう、母が先に歩いてもらいます。
ふと見ると、母のふくらはぎはまだまだしっかりと筋肉がついています。骨粗鬆症で骨はスカスカかもしれないけど、あれだけ筋肉がついていれば早々転ぶ事もないでしょう。

去年の冬は歩き方もゆっくりで、一緒に並んで歩いていると私の方が疲れてしまうくらいでしたが、最近では結構早く歩けます。外を歩くという事に自信が持てるようになったからではないでしょうか?
涼しくなってきたので、またスーパーへの買い物を一緒にしようと密かに計画中です。

庭の家庭菜園で、すいかを2個収穫しました。葉も黄ばんでしまっているので、これが最後です。
片方のすいかがあまりにも小さく可愛いので、写真にとっておきました。
2009082321560001.jpg

一緒に植えた苦瓜とタバコの大きさから比べると、いかに小さいか分かりますね。
大きい方でもせいぜい直径15Cm程度でしょうか?
それでも新鮮で甘酸っぱい、味の濃いスイカができました。夜、みんなでいただきました。

今年はこの苦瓜や茄子、トマトが家計に多いに役立ってくれました。
というより、何より自分で作った野菜は、格別な味なのです。来年は何を植えようか、じっくり考えて、ちゃんと勉強もしなくちゃね。
楽しみです。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

すごい人

私と母は、もともとはそんなに仲の良い親子ではありませんでした。
元来気の強い人で、小さいときの思い出はいつも叱られている時の事ばかり。
昔の事ですから、体罰なんて当たり前。長い和裁用の物差しで叩かれた事もしょっちゅうでした。

結婚した当初は別居でしたが、私に子供が生まれてから同居です。
私はずっと仕事をしていたので、産休といっても2ヶ月弱で仕事に復帰。留守の間は母が子守りをしてくれました。
会社勤めじゃないので出掛ける時間が午後からだったこと、週の半分は自宅での仕事ということで、復帰もスムーズでした。
また、母乳で育てていたので、長時間家を空けられません。その点私の仕事は好都合でした。

でも、いくら午後からの数時間といっても、1~2時間というわけにはいきません。どうしても3~4時間はかかり、帰ってくると赤ん坊が大泣きしているなんていうのはしょっちゅうのこと。大人しく寝ていた時なんて、今思えば記憶にありません。。。

お乳が離れると同時に仕事も増やし、午前中から夜遅くまで帰宅しません。
当然寝るのはいつも午前を過ぎてから。朝が起きられない私は、子供達がもっていくお弁当も作る事が出来ず(修業12年間二人とも私立でした)、朝早くから起きて作ったのは、殆ど母です。
大学生になって何が嬉しかったかと言うと、何よりお弁当の自縛から解放された事です。
毎日毎日夫と子供二人分のお弁当を作り、夜遅く帰る私の夕食まで準備し、何から何までやってくれたのは母です。

今私の長女に孫が生まれ、時々子守りを引き受ける時、母が子守りをした事を思い、どれだけ大変だったかと思うのです。
まだお乳の離れない赤ん坊です。娘達は哺乳瓶を嫌っていましたし、すっかり抱き癖がついていました。仕事から私が帰るまで、母1人でどうやって面倒みていたのでしょう?

そのことについて一度も愚痴を聞いた事がありません。
「見ててくれる?」と聞くと「いいわよ」とすんなりOKです。
私ならどうでしょう。。。今の可愛い孫も母乳で育っています。泣かれたら、あやす術を持ちません。
ただ抱っこしてうろうろと歩き回るだけです。オムツを取り替えるのや、お風呂の介助なんていうのとは訳が違います。
お腹が空けばとにかく泣くだけ。そんな赤ん坊をずっと見ているなんて、考えただけでも恐ろしい。

お弁当だって、幼稚園から高校まで14年以上も、文句一つ言わず黙々と作り続けてくれたのは、単純に可愛いからというだけで出来るものではありません。

今現在、父の面倒を見ています。食べられないものがあまりにも多いので、薬やおやつなど、一つ一つ私に確認して父に持って行きます。
まだ自分の仕事は終わってないと思っているのでしょう。
父はそんな母にすっかり甘えきっています。

つくづく、母は凄い人だと思うのです。

テーマ : あなたへ
ジャンル : 心と身体

母に寄り添う

今日は涼しくて過ごしやすい1日でした。
でも低気圧が近づいて、近県では雨が降っているところもあったようです。
私の首もキンキンと痛みます。。。

でも、こんな過ごしやすい日を逃してなるものかと、午後から夫と二人で庭の草むしりをしました。
夫は長袖の作業着に着替え、私はジーパンに虫除けスプレーを振りまき、頭からタオルをすっぽりと被り、その上からつばの広い帽子を被り、紫外線や虫から完全防備です。
ものすごく怪しい風体に、夫と二人思わず笑ってしまいました。

2時間ほどかけて家庭菜園の畑まですっきりし、風の通りがよくなったからか、涼しく感じて少しは庭の風体も上がったかな?
手はブルブル震え腰は痛いしで、とても重労働でしたが気分は爽快!
むしった草を、庭の隅に山のように積み上げて、作業終了。

母は数年前まで、こんな重労働を愚痴一つ言わずに、一人でやっていたのです。
私は土日もなく仕事でしたし、父はこういったことを手伝う人ではありません。
80歳になってなお、一人で草むしりをしている母の姿を想像すると、グッとこみ上げてしまいます。仕事だろうがなんだろうが、もっと手伝ってあげればよかったと…。

夕飯の支度をしていると、母はいつも私の側に来て手伝おうとします。
私一人では悪いと思うのでしょう。必ず手伝うのです。

私は、お味噌汁は母に作ってもらうと決めています。お味噌汁に関しては、具を一緒に考えますが、調理の段階では一切口出ししません。そうしなければいけないと思っているのです。一つでも作ってもらい、仕事を持ってもらおうと思っているからです。

でも、正直言うと、とても邪魔です。
動きは緩慢だし、私の行こうとする先にいつも立ってるのです。急いでいるときなど、ついついイライラしてしまいます。
そこをグッと堪え、出来るだけ会話をするようにしているのですが、これってかなりなストレスです…。

でもでも、ここは耐えなければなりません。
これは私の務めです。

テーマ : わたしの心
ジャンル : 心と身体

寄り添って生きることの難しさ

先日の夜にあった父のせん妄はあれ以来ピッタリと止んで、父なりに元気に過ごしています。病院に行き検査をしてもらい、Dr.にも「大丈夫」のお墨付きを頂いたことがよかったのでしょう。

最近思うのですが、年寄りと一緒に暮らすということは、いろいろと知識が必要なのですね。私もそろそろ年寄りですが、まだまだ私達には分からないことだらけです。
体がだんだん不自由になっていき、一つ一つを諦めていき、しまいには何の望みもないネガティブな思考回路で生活することが多くなりがちな年寄り達。
自分達が勉強しないで、簡単に寄り添うなんて出来ないのだと実感することがあります。

勿論私にも思い当たる節があり、なるほどこういう理由で出来ないのだなぁと納得できるものもあります。
でも、ある日あまりにも唐突に、あり得ないような情況にぶち当たることがあるのです。そういう時は、その情況が何故そうなったのかを簡単には理解できません。ただただうろたえて、無駄に心配ばかりだけしてしまうのです。

先日も、こんなことがありました。
母がお風呂に入った後の話です。お風呂場の排水溝に、いつも小さなカット綿が捨てられているのです。最初は、次女が化粧落としにつかって、ちゃんとゴミ箱に入れないせいだと思いました。「まったくだらしないんだから!」と内心怒りましたが、毎晩遅くまで仕事をしてて、きっと疲れているんだろうなと思い、一度だけは許してあげようと思いました。

ところが、排水溝事件はそのときばかりではなく、夫から「どうしてお義母さんが入った後に脱脂綿が落ちてるの?」と聞かれたのです。
え??お母さんの仕業なの?・・・何に使った脱脂綿なの?・・・

いろいろ考えました。まさか下のほうで何か不自由があり、自分なりに対処しているのかしら?
或いは、入れ歯が合わなくなって、脱脂綿で調整してる?
いろいろと考えて悩みました。
でも、今日、その原因が分かったような気がします。

どうやら母は、コットン(化粧用脱脂綿)で眼を拭いているようなのです。
以前も涙目で受診していますし、さきほど母のベッドを覗いたら、めがねと一緒に脱脂綿が置いてありました。
ホッとするやら可笑しいやら、一人廊下で苦笑いでした。

母は自分の体の不都合を誰にも訴えません。過去にも、一人で我慢していたために大腸ガンの発見を見逃すところでした。
なので、おかしいと思った時に母に尋ねないと、手遅れになる可能性があります。
実は、高血圧で母が通院するきっかけになったのは、母が一人で苦しんでいたことを発見したからでした。

受診のきっかけは、便秘でした。
トイレの便座の廻りの床が、何か拭いたような跡があります。それもトイレットペーパーで拭いたようで、よくよく見ると、まだ拭ききれてない汚物(便ではない)まで付着していました。
心配になり、母がトイレから出たところを直撃すると、あまりにもひどい便秘で、息んだせいで脳貧血を起こして吐いたというのです。
それは大変!脳出血でも起こしたら大変です。
早速母に、一緒に病院に行きましょう。今は下剤じゃないよいお薬があって、楽にお通じがでるのよと言うと、ノリノリで一緒に行ったのでした。
そしてついでだからと全身の検査をしてもらい、結果、骨粗鬆症や高血圧が見つかり治療を始めることが出来たのです。それこそ何十年ぶりの内科受診だったことでしょう?大腸ガン以来だとすれば、それこそ20年ぶりでしょうか?

明日にでも、眼科受診を促してみないといけないようです。

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。