スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父母の楽しみ

今日は父のデイの日でした。
お迎えの来る9時頃に部屋を覗いていると、先日とは違ったオシャレなセーターを着て、鏡の前で襟元を調えている真っ最中でした。
昔から着る物には拘りがあって、オシャレさんな父です。
こういう父の拘りも、デイに行く気になったり行きたくなくなったりする要因の一つではないかと思います。
かなり前ですが、ちょっと古くなったコートを着ていこうとするので、2階から別なコートを持ってくると、それまでイヤイヤムード満開だったのが、かなり和らいだことがありました。
タンスの中は、数え切れないほどの服であふれていますが、バーゲンのでも何でも、新しいものを買って着てあげればよいかなと思います。

今日はとても寒くて血圧が心配でしたが意外と大丈夫で、ひょっとしたら気温はあまり関係ないのかもしれません。
確かに上がる原因の一つではあるでしょうけれど、神経質で小心者な父なので、精神的な方面からのアプローチは有効かも知れません。

父が留守なので、母を買い物に連れ出しました。
冷たい雨が降りしきっていましたが、買い物には行きたかったようで、出掛ける約束時間の随分前から帽子を被り準備万端。
近所のスーパーでしたが、カートを押しながらいろいろ物色している母の様子を見ると、やっぱり生気に満ちて満足しているようでした。

孫(母には曾孫)との大名行列のお散歩と、父のいないときの買い物が、今の母の楽しみなのでしょう。

テーマ : しあわせの素
ジャンル : 心と身体

デイの日

昨日は父の泌尿器科外来でした。
お薬(ハルナール)を飲むようになって、おしっこの悩みもすっかり解消されたようです。よかったぁ~!

いつものように沢山待ちました。合計1時間40分。
看護師さんが、待っている人たちに「○○さんは4番目ですよ」「次ですから、もう少し待ってくださいね」と教えてくれるので、ストレスが随分軽減されました。こういう病院もなかなかないものです。
患者は待って当たり前ってのが今までの大病院の定説でしたから。

でも、ドアを常にオープンにしているこの泌尿器科。
ドアの前に座っていると、中の様子が聞こえてきます。老年の奥様が入っていかれて、ドクターが「泌尿器科に来られる女性の80%は、みんな貴女のような悩みの方たちですよ。ちっとも恥ずかしいことはありませんよ」と慰めていました。
聞いていた私も、将来は自分も?と思うことだったので、何となく安心したり、やっぱりかぁ~とかえって不安になったり(笑)。
看護師も医者もとても丁寧な態度なのですが、ドアをオープンにしてカーテン一枚というのも、やっぱりイヤだなぁ~。

ところで、今日は父のデイの日でした。
今日夫は、胃カメラの予約で休んでいました。
朝、父がデイに行きたくないと駄々をこねていたのですが、私の変わりに夫が対応してくれました。
夫の両親に対する態度も、最近ではとても優しくなり、今日も父にはとても優しく対応していました。
それに甘えてか、父はとうとう泣き出してしまったのです。

デイに行きたくない理由は便秘です。
私は塩化マグネシウムを飲み続けていると、どうも胃の調子が悪くなります。
父も胃の不具合を訴えたので、ここ1日半、マグネシウムを止めていたのです。便秘はそのためでした。
そのかわり胃の調子は戻ったので、私の考えは間違っていません。単純に、父の我慢が足りないということなのですが。

泣くほどイヤなら、そこまでしてデイに行かなくても…。いつもそこに行き着きます。
でも夫は無理無理デイに行かせたのです。
父が勝手に電話で今日のキャンセル伝えたのですが、すぐに夫は行くので迎えをお願いしたのです。
うぅ~ん…とは思ったのですが、いつも帰って来たときの父の表情が生き生きしていて、行くことは絶対に良いのだと思ってましたのでそのままにしておきました。

父がデイに行っているので、今日は午後から夫と母と3人でお買い物に出ました。
父が家にいると絶対に外出しない母も、今日はすんなり出掛けました。
キラキラと目を輝かせて買い物をし、とても楽しそうでした。

そして夕方。父が元気に帰ってきました。
泣くほど悩んでいた便秘も、デイで自力で全部出たと、とても喜んで私に報告に来ました。お昼は美味しかったとか、お仲間との様子とか、これも生き生きと話して聞かせてくれました。
「オレ、間違っていたよ。頑張って通った方がいいんだね」とも言いました。

ま、この言葉も、デイから帰るといつも聞く言葉で、それもデイに行く前日には、簡単に撤回されてしまうのですが(笑)。

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : ライフ

雨の日に

事実と向き合い、真摯に受け止め、優しく接し世話をするということに、出来るだけ自分の中で価値を見出そうと努力しているこの頃。
今日は朝から台風の影響で、雨でした。

そんな日に限って朝早くから父の検査の日です。
今日の検査は腎臓血管の超音波撮影でした。

昨夜9時にはガスコン4錠を飲み、朝食はとらずに、糖尿の薬だけを外して投薬。そのまま病院に行きました。
それにしてもガスコン4錠は凄い量ですね。大丈夫でしょうか?普通1~2錠なのでしょうが、検査のためなのですね。
でも、結局は大丈夫じゃなかったのです。

9時半に検査が始まり、帰宅したのは10時半頃でした。
朝食抜きだったので軽いブランチの後、ヘルパーさんが来てくださりお風呂でした。
それから暫くして3時のおやつだなぁ~と思っていると、母が血相を変えて私の所にきたのです。
父がベッドで吐いてしまったと。
行って見ると、父は自分の吐瀉物を両手で受け止めながら少し興奮気味です。
洗面器を持ってきて吐きたいだけ吐かせ、着替えとうがいをして落ち着かせました。
ガスコンのせいで胃が安定を失ったのではないでしょうか?そのため、ベッドで横になっていて内容物が逆流した…。違うかもしれません、でも、血圧も安定していましたし、その後も胃の具合がよくないとは言いつつも夕飯は完食。今は寝ていますがそれまで何も不具合を訴えませんでした。
ガスコンが吸収されたと思うのですが?

父が吐いていたとき、何をするでもなくただおろおろするばかりの母を見て、悲しかったです。
吐いているのだからタオルを出すとか、ティッシュを渡すとかあるでしょうに、何一つ自分からはしてあげることができません。

父も吐いているときに、急いでトイレや洗面台に行くでもなく、両手で受け止めるしか出来ず、まるで小さい子供のようでした。

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

他人事

母は骨粗鬆症で毎日薬を飲んでいます。以前は週に一度の朝だけだったけど、今は毎日飲む薬に変えたのですが、これが何と新薬とかで2週間分しか出ません。
診察は1カ月おきなので中間で一度、この骨の薬だけ取りに行くわけです。

同じように父は、睡眠薬が1ヶ月分しか出ないので、1カ月おきの循環器外来の間に、1回取りに行きます。

今日、母の薬を取ってきました。といっても、内科には昨日行って処方箋を薬局に出して、それを今日取って来たということなのです。待ち時間の節約で、2日がかりです。

取って来た薬を母に渡すと、キョトンとした顔で「あら、とってきてくれたの、どうも、どうも」とそれきりです。勿論薬代は貰いますが、ごく当たり前のことのように思っているのでしょう。

笑えるのは父です。
「来週お父さんの薬も取ってくるからね」というと、自分のことと母のことを取り違えているようで「ああ、行くの?あんたも大変ね」と涼しい顔です。
「お父さんの薬を取ってくるのよ」と言うと「もうそんな時期かい?」でおしまい。
本当に他人事のお二人です。

父だけで病院を4箇所と、私もあるし母もある。最近では何がなんだかわけが分からなくなりつつあります。しっかりと手帳につけてないと、とんだことになってしまいます。
他にも、父のお風呂介助の日、訪問看護、リハビリとあり、殆ど毎日何かしらあるのです。覚え切れません。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

父と母の心の中

先日の一見以来、少々戸惑いを見せている最近の父です。
「オレって最近、頭おかしくないかい?」
と尋ねてきます。
「何ともないよ~、いつも通りなんじゃない?」
そんな会話がここ2日ほどで3回ありました。
デイで久しぶりに緊張した1日を過ごしたからだというと、その時は納得するのですが。

今日は父の散発をしました。
硬膜下血腫のオペ以来、8mmのバリカンで坊主にしていましたが、どう見ても父には似合わないので、今回はシザーで処理をしました。
家には2mm、6mm、8mmのバリカンと、プロの卵が使う準本格的なシザーが2本あります。
(実は全部、犬のために購入したものばかりですが)

久しぶりにすっきりとカットしたので、男前があがりました。本人も気に入ったようです。

土曜日は、久しぶりに私達夫婦で落語を聞きに行きました。
お昼に家を出て夕方には帰ってくるのですが、その間ゆっくり出来るのは公演時間内のみ。
直行直帰です。
今回はお昼前に出掛けたので、とうとう私たちは1日お昼抜きでした。
夕飯を少し早めに支度しましたが、お腹のすいたお出かけはやっぱり疲れます。
前夜の食事がカレーだったので、母に頼んで出掛けることが出来ませんでした。

本当は今でも母は、何でも作れるんだと思います。
先日なんか、親戚から送られた沢山のお野菜を、種分けしたついでにお漬物まで作ってしまったくらいですから。
私には思いも付かなかったことで、こんなに沢山のキュウリと茄子、どうやって料理しようと頭を抱えたものですが、年季の入った母は、そのうち1/3をさっさとお漬物にしたのでした。

そんな母が、どうして何も作らなくなったかは分かりませんが、恐らくは、面倒半分、私に任せたのだから口を出さない半分といったところでしょう。

今度お出かけの時は、何も言わずに全部お任せで出掛けてみようかしら?

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。