スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よかったぁ~!

暫く日記が途絶えてしまいました。私の怪我以来でしょうか?

5月4日夜7時45分、娘が男の子を出産しました。
異常分娩で結局帝王切開となりましたが母子ともに元気。一安心です。

3日前の妊婦検診の時、胎児の心拍数値に異常が発見され、そのまま緊急入院となりましたが、様子は思わしくないとはいえそのまま安定していました。
30分に2度程度、胎児の心拍数が一瞬下がり、定期的に計測をしていたのですが、今日になって一瞬だった低心拍が少し長引くようになりました。
このままでは胎児に良くないということで、今日の夕方に帝王切開が決まりました。

心配でした。。。
胎児は勿論のことですが、娘にとって初めてのオペ。心配で胸が張り裂けそうでした。

お医者さんというのは科学的(?)に容態を判断し、オペそのものも経験と理論と技で、むしろ自然分娩より安全な出産と思っているということを、昔聞いたことがあります。
私の出産のときだったかもしれません。
私自身は帝王切開の経験はありませんが、別の病気で開腹手術を経験しています。

そんなことを思い出しながら、何とか40分程度の時間を耐えました。
お兄ちゃんのご両親も駆けつけ、家族待合室は異常なほど和気藹々として和やかムード。
このムードを壊してはいけないと、私も一緒に笑ったりお茶を飲んだり…。
でも、内心穏やかならぬもので満ち満ちていました。

子供も孫も、一緒に元気に帰還できますように。と思う気持ちと、何かあってたまるか!という気持ちとが交差し、生きた心地がしないというのは、まさにこのことでしょう。

暫くして元気に孫は産まれ、娘も元気にニコニコと笑顔で帰ってきてくれたときは、嬉しかったぁ~。恥ずかしいけれど、ついつい涙がでてきてしまいました。
私も最近怪我したりして、かなりネガティブになってしまっていたようです。

ともあれ、とうとう“おばあちゃん”になってしまいました。
ちょっとばかり、コソバユイかなぁ~?


私の両親も、涙をうかべて喜んでいました。
さすがに今日ばかりは父も終始笑顔で、とても元気だったかな?

私はとぉ~っても疲れたんですけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。