スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉職というもの

父が要介護となってからというもの、ネット徘徊をするのは圧倒的に介護Blogが多くなりました。
一つは、介護初心者なので勉強しなくちゃということと、介護をしている人達の心情を知りたいと思ったからです。
今までは自分の父親だと思い愛し慕って来た人が、いきなり立てなくなったり排泄まで面倒見なければならなくなった時、見てもらう本人も辛いだろうけれど、実は介護する人も相当な精神的ダメージを受けているものなのです。
自分の両親の“老い”を認められないのです。
そういう戸惑いを、何とかネットで解消して行きたいと思うようになったからでした。

自分の親の老いを認められないということは、、本当はものすごく根っこの深いものです。
時として、たったそれだけのことで、簡単に家庭が崩壊してしまうものなのです。

*なんでこんな事が出来ないの?つい先日までは1人でできていたでしょう?!
*私の大切な時間を、親の面倒をみることで費やさせないで!
*私にはもっと自由に過ごす権利がある!
*私はこんなこと(親の面倒)するためにこの世に産まれて来たきたのだろうか?
*汚いなぁ~!!
*じれったいなぁ~!!(←これが結構辛い)

まだまだ挙げればきりがないことです。私も一通り経験しました。そしていまだ卒業には至っておりません。日々、葛藤の連続です。
近所の手前だってあります。
そして新たに、介護のために新しく出会うケアマネージャーさん、ヘルパーさん、看護士さんとの人間関係。家の中に入っての介護なので、掃除は欠かせない。
体がだるく、掃除をしたくない時だってあるのに、彼らは当たり前のように家の中に入り、しかも、トイレ、お風呂場と、お泊まり客じゃない限り決して見る事のない家庭の深部に入り込みます。
今までの生活は一変してしまうのです。
そういった家庭環境の変化に、実は介護者が一番疲れてしまうのではないでしょうか?

そうこうしているうちに介護されている親は、デイケアとかデイサービスとかに出かけるようになる。
そのための支度を手伝わなければならない。忘れ物はないか?寒くないか?暑くないか?血圧はどうか?熱はないか?
様々な事が、私個人の生活を奪い、家族総ぐるみ、振り回される結果になるのです。

こういった要介護者を世話する人達は、他人です。そして一度に何人かを受け持ち、安全に、清潔に介護をして行きます。
これはなかなかどうして、大変な仕事なのであります。
私には到底できそうにありません。。。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。