スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうという言葉

先日の保険証紛失騒ぎから3日目、昼ご飯をとっている私のところに「保険証が見つかったの」と、申し訳なさそうに母が言いに来ました。
聞くと、いつも入れている引き出しの中から見つかったのだそうです。
几帳面な母はきっと、帰ってすぐにあるべき所にしまい、着替えをして手を洗い、診察券を見ようとバッグの中を見たらないので慌ててしまったということなのだと思います。
やれやれなことですが、私も一緒に居たことですし、置き忘れるとか落とすとかはとても考えにくいのです。
母はホッとしたようでした。

そして今日、2日目の歯医者さん。
紛失の事には一切触れず、雨の中二人で行ってきました。
今日はまた型取りで先日以上の時間が掛かりましたが、買い物をしたり、待ち合いで本を読んで待っていました。
気軽に誘った歯医者ですが、長時間、しかも何回も型取りするのはきっと負担に違いありません。少し気の毒になってしまいました。

終わって帰宅し、夕飯の支度をしていると母がキッチンにやって来ました。
「あのね、またなくなっちゃったの、診察券・・・」
今にも泣き出しそうな顔で訴えてきます。

先日見つかった場所は探したの?と聞いても「不思議だわ、何処を探してもないの」の繰り返しです。
しょうがないので料理の手を休め、一緒に探す事にしました。
というか、きっと例の引き出しにあるだろうと思っていたのですが。

一応バッグの中を探し、次に問題の引き出しを開けてみました。
・・・「これはなにかなぁ~?(微笑)」と言いながら保険証の入ったファイルを差し出すと、母はみるみる泣き顔になりながら、それでも一緒に大笑いです。

86歳なんだもの、年寄りよねと言葉では私も簡単に言いますが、本当に年取っちゃったんだなぁ~と、私までしんみり。
でも、そんな顔を見せては母が不安になってしまいます。
あくまでも明るく装いながら、母の好きなカボチャを煮たのでした。

先日、父がお世話になった訪問看護センターから電話がありました。
3日にお線香をあげに来て下さるとのことです。忙しいのに、本当に有り難いです。
ここには書きませんでしたが、葬儀が終わり暫くして、お世話になったデイケアから電話があり、夕方お仕事が終わった後、7人もの方々で、お花を持ってお線香をあげに来て下さり、暫くの時間、父の思い出話をしていって下さいました。

いろいろな話を聞いて、父は幸せだったと思います。

訪問ヘルパーさんは葬儀にも来て下さり、全て終わった後にご挨拶に伺いました。
その方はまだお若い男性で、そこの事務所の社長さんです。
事務所に通されていろいろお話をしたとき、3年ほどのお付き合いのなかで父が最後まで敬語を使い、お世話をしたあとには必ず"ありがとう”といってくれたと涙ぐんでくださいました。
何年もお付き合いをしていると、なぁなぁになってくる方が多い中、絶対に敬語を崩さなかったというのです。
父らしいです。
“ありがとう”はしょっちゅう私にも言っていました。
病院に一緒に行けば「ありがとう、おつかれさま」。頼まれた事をすれば必ず「ありがとうね」と。
親子である私には何も感じなかったことですが、ヘルパーさんはとても嬉しかったのだそうです。

そんな父を見ていたからか、母も最近よく私に「ありがとう」と言います。
私としては、今更何他人行儀な事を言ってるのかしらという気持ちで、少々寂しい気分なのですが。。。
スポンサーサイト

テーマ : 心と言葉。
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。