スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラッシュバック

先日母が私に「お父さんが夜中に『おかぁさん!』って言って起こすのよ。それから朝まで眠れなくて」と言ってきました。
夫も「廊下に佇んでこっちを見ている夢を見た」と言います。
私は私で、夢とも現実ともつかない毎日で、葬儀のあった1週間の記憶がありません。街で見かける父と同じような老人を見かけると、気がつかないうちに涙があふれてます。
娘達も同じようなことを言い、日々父との生活が懐かしまれてなりません。

考えれば考えるほど、私は確かに愚かな娘だったし、申し訳なくて可哀想で、いてもたってもいられません。

先日親戚からの電話では、家族が悲しんでいては父は旅立てない。泣いてはダメと言われました。
でも、それは無理なことです。
残された家族は、隠れたところでひっそりと涙し、黙って忍んでいるのです。
時が薬なら、早く時が過ぎていってほしいと願わずにいられないこの頃です。

入院する数日前、父が私に言いました。
「あるがままね、受け入れてね…」
難しい言葉ですね。

土曜日の午後には、昔私がピアノを教えて生徒さんご家族が来てくれました。
母が寂しさ紛れに電話して私に叱られたのですが、当時、親戚同然のお付き合いをしていたご家族で、生徒さんがご両親とともに来て下さいました。
彼女はすでに2人のお母さん。上は今年中学3年生になるのだそうです。
何処となく沈んでいた我が家でしたが、生徒さんご家族が来て下さってやっと少しは明るさが蘇ったかな?
人の心の温かさをひしと感じたのでした。

スポンサーサイト

テーマ : 心と言葉。
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。