スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父、終末(11)

尿量も少なくなり、色も当然濃くなって、呼吸も浅く、いつ何時その時がやってくるか分からない状態が続いてはいても、父は相変わらず頑張っている。
以前はこちらからの呼びかけに、多少なりの反応らしきものも見せたように感じていたのが、最近ではほんの少しの反応も見せてはくれない。

両腕は末梢血管が切れてしまっているのか、小学生の太ももほどにも浮腫んで真っ赤に膨れ上がり、浸潤するのかペットシーツのような柔らかなシートをそっと巻かれており、昨日はそれが右足太ももにまで広がっていた。
痙攣は左半身だけなので、体全体の右側にのみ、負担が掛かっているのかもしれない。
皮膚はかなり薄くなっており、ちょっと摩っただけでも剥がれてしまいそうなほどだ。
先日までシーツで保護されていた左側の腕は、今ではむくみもひき、包帯を巻いて保護されている。

何日かに一度はヒゲを剃ってもらい、爪も切ってもらっている様子。
体位交換もマメにしているようで、寝ているベッドは褥瘡予防のとてもフワフワしたマットレスだ。
褥瘡は当然出来ていないとのこと。
さすが病院ならではの看護と感心してしまう。
看護士さん達のマメマメしい看護は、どれだけお礼を言っても足りないように思う。

9日に行ったときは、例の不整脈の最中だったようだが、以前のような苦しげな表情はなく、多少呼吸が荒くはなるものの、表情は変わらない。
このままそっとそっと、その時を迎えられればと願うばかりだ。
スポンサーサイト

テーマ : 感謝をこめて
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。