スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝ぼけだけ?

今朝の話です。
土曜日なので夫は休み。午後1時半からヘルパーさんが来てくださり、父のお風呂です。

朝も遅く、10時近くになっても父の朝食がまだで、気になって部屋に行ってみました。
大声で母と何やら話をしています。

母「着替えなくちゃダメでしょう?」
父「いいんだよ、このままご飯を食べたってすぐにまた寝るんだから」

そこに私が入って行き、なぜ朝食後にまた寝るのかを聞いてみると、寝ていると楽だからということです。

いったい何が楽だというのでしょう?
寝てばかり居るから腸が動かず便秘になるし、せっかく週2で行っているリハビリだって無駄になってしまいます。
先日訪問看護の時、看護士さんに89才とは思えない足の柔らかさですと褒められたばかりなのに。
当然褒められれば父も嬉しくて、上機嫌にいろんな事を話していたくせに。

着替えが面倒というのは、よくありません。
一度でも許してしまえば、生活のメリハリがつかなくなるばかりか、先々、生活能力だってこれから下降していくだろうことに拍車が掛かってしまいます。
着替えそのものがリハビリであり、時間の観念の喪失を防ぐものだと、私は思っています。

少々きつい口調で着替えるように言うと、何やらブツブツ文句を言いながら着替え始めました。
母も手伝ってあげています。(これはこれで、母のためにも良しとしています)

すると、またしても面白い会話が聞こえてきました。
父「おい、アレはどこにあるんだい?」
母「アレってなによ?」
父「羽織と袴だよ!何言ってるんだ。お前は?」

母と私と、二人で大笑いしてしまいました。
寝ぼけてるの?
それとも、本当にボケてるの?

朝食後にはちゃんと元の父に戻っていましたが、ヤレヤレ、羽織に袴ですかい?
いつの時代に戻っちゃったんでしょうね、謎は深まるばかりです。
スポンサーサイト

テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。