スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の我侭

年よりは、便秘が体調の善し悪しを大きく左右するようです。
かといって、何も毎日お通じがなければならない理由はありません。2日に一度出るようにしていれば、何も問題はないと思うのです。
ところが父は、昔から毎日朝に排便がないと気を揉むという、良いんだか悪いんだか、妙に神経質なところがありました。
現役の時も、とにかく排便してから出勤というサイクルがあったようで、1日でもないと浣腸をつかっていたようなのです。
それが今になってとても悪い結果になっています。

何も用事のないときは、ベッドに横になって、ブランケットをすっぽりと被って寝ています。
看護師さんから1日廊下の10回往復を、朝昼晩3回行うように言われているのですが、やっているのを見たことがありません。
お水を1日1リットルは飲むように言われていますが、果たしていません。これは薬を飲むとき、食後のお茶以外に1リットルなのですが、ダメです。
何故飲まないかと聞けば「何もないのにお茶だけなんて飲めるかい!」という返事がかえってきます。

寝てばかりで排便時に使う筋肉も萎え、腹筋も萎え、腸を支える筋肉もどんどん弱くなってしまってます。胃下垂、腸下垂になっては便秘に拍車がかかるだけです。
また水分をとらなければ、腸内で便はどんどん硬くなり、でなくなっても当たり前というものです。

言っても理解できないのでしょうか?それとも、薬(下剤や浣腸など)があるからいいやと思うのでしょうか?
人間として命ある間は、自分の体力の維持をもう少し真剣に考えて欲しいと思うことは、年寄りにとって酷な話でしょうか?

父はそれでいいかもしれません。
でも、私達家族にとっては、困った話なのです。

夕飯1時間前に、お腹が空いたのでおむすびを作れと母にねだります。それもかなり強引に言いつけます。
母は相手にしていませんが、私はそんな父を見ていると情けなくなってしまいます。
スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。