スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撃退!廃用症候群

土曜日は父の歯医者さんでした。
でも前の夜、父は私の所にやってきて、歯医者さんには歩くのがしんどいので車で送って欲しいというのです。
その時は何も考えずに了解したのですが、よくよく考えてみると、歯医者さんまでの距離と言うのは、父にとって多少遠いものの、決して歩けない距離ではないのです。
そうやって今までも甘えてきた結果、今日のようにチョットした距離を歩けない状態になったのです。寒いから散歩はいや、暑いからいや、近所の人に会うのがいやだから、血圧が高くなりそうだから、いろいろ、いろいろ。。。
言い出したらきりがないほど、その時の言い訳を作り運動をサボった結果、車椅子で歩けなくなって回復した当時より、数段症状は悪くなっています。廃用症候群はどんどん酷くなる一方です。

土曜日はお天気もよく、お散歩日和です。こんな日に歩かないでいつ歩くの?
私は急遽父に歩いていくように言いました。
途端に父の目が三角になって怒っています。
母はすぐに一緒に行くといいましたが、父はぐずぐずといつまでも立とうとしません。無言で私に鋭い目線を投げつけます。

頼めば私がすぐに動いてくれると思っているのです。そして自分の思うように動かないと不満なのです。
せっかくこの数日、私の気持ちも切り替えがうまくいき、穏やかに父と接することができた矢先です。
今までもそうでした。やっとの思いで気持ちを切り替えても、それを壊すのはいつも父でした。

遠い昔、長女が産まれたときに、私達夫婦は両親と同居しました。
今ではつくづく、この同居を後悔しています。もっと距離があったら、両親に対してももっと優しい素直な目を向けられたはずと…。
スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。