スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜中の騒動

父の前立腺肥大は、徐々に悪化しているのでしょうが、それよりももっと深刻なことが起こる予感があります。
土曜日の夜中にちょっとした騒動がありました。

夜中の2時過ぎ、父が私たちのところにやってきて、おしっこが出なくて心筋梗塞を起こしそうなので病院に連れて行って欲しいというのです。
念のため血圧を測ると、143/60でまぁまぁです。父からしたら最良の血圧と言ってもいいでしょう。どう考えても救急な感じではありません。心筋梗塞なんて、いったい何処から出てきたのでしょう!

寝る前は出たの?ときくと出たといいます。それからまだ3時間ほどしか経っていません。
とにかく夜用に置いてある簡易トイレに連れて行き、おしっこをさせました。50ccほどでたでしょうか。出ないといっても多少は出るようです。
益々もって救急ではないので、ベッドに連れて行き寝かせました。
すると今度は、母を捕まえていつまでも愚痴を言い続けています。一向に母を寝かそうとしないので「母が倒れちゃうから、もう寝かせてあげて」というと、あろうことか目が怒っています(笑)。
いつまでも相手にはしていられないので、無視して母を寝かせ、強引に電気を消してしまいました。

私はそれからお風呂に入ったのですが、上がってから様子を見に行くと、二人ともぐっすり眠っています。やれやれです。


前立腺肥大でトイレの時間が長く、出きった感じがないことからしょっちゅうトイレに行くということを繰り返しているようですが、それもその時の体調に左右されるらしく、いつもいつもということではないようです。
問題は長い間トイレに立っていると、疲れてフラフラしてしまうということです。
やっぱり佩用症候群なのでしょうか。

静かに考えてみれば、トイレに通い爽快感のないまま毎日を暮らすというのも、私たちが考えている以上に深刻なものかもしれません。
でもう少し様子を見てもいいように思える程度のものです。実際に今日は朝から今まで、何も不調を訴えることもなく普通にしています。
おしっこは出た?と聞くと「あ、出た出た!」と言います。
いつもなら、明日は月曜日なので病院に連れていってと言う筈です。

深夜だろうが何だろうが、重篤な症状でなくてもすぐに病院に行けると思っていること。
これはこれから先、何度も私たちを悩ますことになるでしょう。

それとも、認知症が始まってしまったのでしょうか?物忘れや判断力の低下などは、年相応としか思えないのですが、もし認知症がはじまったとしたら、これは何よりも増して深刻なことです。
スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。