スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使と悪魔のせめぎあい

私は主婦2年生。
年の功で何とか煮物も出来るし、お菓子なども適当ではあるけれど作れるし、1人前の主婦としての面目だけはかろうじて保たれているように思います。

主婦と言う仕事は切れ目なく続き、一つが終わっても延々と仕事が続き、自分で見切りをつけないと、それこそ座る暇もないほどです。ま、どの仕事も同じではあるのですが…。
私はまだまだ要領が悪く、シンクの後片付けも、終わったと思うとまだ洗ってないお皿を発見したり、コーヒーメーカーのフィルターを洗ってなかったりで、つくづく自分の頭の悪さを思い知らされるのです。

ところで…。
日差しが強く4時になってもまだまだ暑いので、犬の散歩はどうしても遅くなりがちです。
でも、夕飯の時間はキッチリ7時です。そうじゃないと両親がダメなのです。
どうしても、どんなことがあっても7時じゃないとダメなのです。
ロープロテイン食の父は、どうしてもお腹が空いて待っていることが出来ません。
母も同じようなものです。
ま、やらなければならないことは薬を飲むことやバイタルチェックぐらいで、食事だけが楽しみとなっているような生活ですから、無理もないことではあるのでしょう。

それでも昔は6時でした。私が家事をやるようになってから、仕事もしているのだしということで、やっと6時から7時にしたのですが…。
なので7時になると、父はもうキッチンに来て食事をと急かします。
母は夕飯の支度を手伝おうとして、6時になるとキッチンにやってきます。
そんなんだから、夕方からの私は、心身共に戦争状態。汗を拭う間もないのです。

私には、それがどうしてもプレッシャーでなりません。
6時ギリギリで犬の散歩から帰ると、全身汗まみれのまま、キッチンに立って夕飯作りです。
献立を決めていない日などは最悪。冷蔵庫の冷気に一瞬だけ癒されながら、焦る心を抑えて献立を決めます。そしてそれから料理に取り掛かるのです。
慌てます。なので怪我をします。
先日は魚を捌いて怪我をし、ひょう疽になってしまい病院通いでした。。
落ち着いてやれば何と言うことはないのですが、何があっても7時には夕飯というプレッシャーから、慌てに慌てた挙句のことでした。

我侭勝手なことなのですが、影のようにひっそりと私に張り付きそういうプレッシャーをかける両親が憎くすら感じます。
私はまさしく鬼娘そのものなのでしょう。。。

私の生活は、自分の中の天使と悪魔が戦う毎日なのです。
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。