スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の老いに思う

今日は父の訪問看護の日でした。
唯一大好きな看護師さんで、昨日の前立腺の話をしました。
その時に、薬の名前を確かめるために袋を見ると「ひにょうきの薬、朝一回」と父自ら書いたのを見つけたのですが…。

父は以前は、私の読めないような漢字まで読み書きできる人でした。それなのに、泌尿器の漢字をわすれてしまったのでしょうか、“ひにょうき”と平仮名でした。
単に面倒くさかっただけなのでしょうか。

新調したメガネを持ち帰ってきた日は嬉しくて本を読んでいましたが、2~3日後からはTVばかりで、TVを見ていないときは昼寝をしています。
母は新聞を読んだり日記を書いたりしていますが、父はとんと文字から遠ざかっています。

今日は夕食の支度をしていると母のところに来て「お母さん、僕は此処(自分の下腹部を指して)の手術をするようになるだろうね」と言いに来ました。
昨日の診察では、腫瘍マーカーもとても低いし、癌の疑いは殆どないと言ってもいいし、当分薬で様子を見ましょうと言われたのを忘れてしまったようなのです。
そのことを伝えると「そうだったのかい?」と言っていました。

もう88歳だからと言っても、まだまだシャッキリしているご老人も沢山おいでです。
別に比べているわけではないのですが、最近特に老い深さを感じるようになってきました。
反面、一気に老いた母より、ずっとずっと長生きしそうな気もするのですが。

先のことは分かりません。ただ今は、少しでも穏やかな生活を過ごして欲しいと、それだけなのです。

さて、午後は長女のところに、頂いたお野菜を届けに行ってきました。
孫は見るごとに成長していて、今日もまた更にプックリと太って、ご機嫌に起きている時間もずっと長くなったように感じます。

孫は口笛を吹くととても喜び、声を立てて笑います。
今日も短いフレーズの口笛を吹いて、孫と言葉にならない会話を楽しんできました。
「ピーピーピュゥ~♪」
「あうあぅ~♪」
まるで私の真似をしているようです。

ふと、昔の映画“未知との遭遇”のクライマックスシーンを思い出しました。

うぅ~ん、、、何か孫との会話は、まるで宇宙人との交信のようです。

「ピーピュピュピ~♪」
「あ、ああ、ぅ~♪」

・・・・・えへへ
スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。