スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積極的に生きる

今日の午前中は、母の病院付き添いでした。
気丈な母でしたが、最近はすっかり気弱になってしまい、独りで出歩くことはなくなってしまいました。せいぜい回覧板を届けにお隣に行く程度。あとは全部私と一緒です。
病院の待合室に居るときも私から離れず、少しでも離れると立ち止まって私を待っています。
それというのも、年老いたというのが理由でしょうけれど、耳が遠くなってしまったのが一番の原因ではないでしょうか?それに加え、ちょっとぶつけただけでも骨が折れるとDr.に言われ、自由に動き回ることが怖くなったのもあるでしょう。

耳の問題は、他人が思う以上に深刻な問題があると思います。
勿論補聴器は持っています。でも、つけても同じと言ってつけたがりません。
私は音を扱う仕事をしています。アンプやスピーカー一つにしても民生機と同時にプロ仕様のものを使っています。
スピーカーの進歩は驚くほどのもので、微細な振動も感じられるほどに進化しています。
今ではサラウンドウーハーですらデジタルTVに同時設置されているご家庭もあるほどです。
それなのに、補聴器がいまだ使い勝手が悪いというのはどうしたものでしょうか?

iPodなどは当然ながらインナー式スピーカーです。
今やスピーカーは驚くほどの性能を持っているのに、何故補聴器は遅れているのでしょうか?

商売柄、父母が補聴器を買ったとき、私も借りて装着してみました。
雑音を消すフィルターもあって、聞きたい音だけ採取できると聞き、やっぱり補聴器も進んでいると安心したものですが、実際装着してみると『ああ、やっぱり…』と思うところしきりでした。
周波数によってはとても耳障りな聞こえ方をし、長時間は無理です。聞きたい音が聞こえなく、聞かなくてもいい音ばかりが増幅されるように思いました。

せっかく買ったのに、引き出しに仕舞いっ放しというお年寄りが多いのではないでしょうか?
補聴器の製造会社は、不具合がないかどうか追跡調査を行っているのでしょうか?
少なくとも、父母が買った会社からは、聞いてきたことは一度もありません。
業績を上げるためにも、もっともっと追跡調査を行って、研究を重ねてみてはいかがと思うのは私だけでしょうか?

お年寄りが、聞こえない耳が聞こえるようになったとき、生きることにももっと張り合いがでて積極的になってくるのではないですか?聞こえるようになるだけで、自ずと世界は大きく広がりますからね。
と私は考えるのですが。。。。。


さて今日の午後は、要請があって長女のマンションに行ってきました。
長女の甘えも確かにあるでしょうが、一人で毎日自宅に引き篭もり、黙々と子供を育てるのは、やっぱり辛いものでしょう。土日は旦那さんが居ますが、あとは子供と二人っきりです。

ま、すぐに出掛けられる距離だし、私だって長女や孫の顔を見たいし、いっかぁ~。
てな具合で、呼ばれてはサッサと出掛けてしまうような、甘々なバァバなのでした。
スポンサーサイト

テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。