スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出

久々に書いてみます。
考えてみると、もう1年近く更新していません。
震災があり、おろおろしているうちに通り過ぎていった2011年。
父が亡くなり、今年はなんかいつもと違う年になりそうな予感は、悪夢の予感だったのでしょうか?

先月1月14日に、近所に住む親戚と家族だけでミサをあげ、父の1年際(一周忌法要)を執り行いました。

1年経ってしまった。もう?という気持ちと、まだ?という気持ちと。
もう父はいないんだという感覚は、時としてハッとしてみたり、墓に行けば会えるような気になってみたり。
もっと沢山話をしたかったとは思うのだけど、当時の状況としては、すでに父が身体的に受け付けられない状態だったのだからしょうがなかったんだ、あれでよかったんだと、自分で自分を納得させています。

ただ…。
便秘に苦しんでいた時に、薬による緩和ばかりを考えず、ベッドに横にしたあとで、お腹のマッサージでもしてあげればよかったと、これだけは悔やむばかりです。
最後の入院で、病院の入り口について、一言二言交わした会話は、私の頭の中で、まるで昨日の出来事のように張り付いて離れません。
そんなしょうもないことばかりを、最近では考えています。

母は元気で、この寒い冬、乾燥にみんながヒーヒーいっているなかでも元気です。
朝は早くから起きて、最初に洗濯機を回し、終われば凍てつく中できちんと干しています。
洗濯だけは任せようと思っていたのですが、さすがにこの寒さ。
「私がやるからいいのよ」と今更言っても聞きやしません。
昔気質と、何十年とやり通した主婦業で、これだけはと彼女も思っているらしいのです。
私も助かるし、これがお互いの平和なのだと割り切って、すっかりお願いしちゃってます。
ダメでしょうか?やっぱり私がやるべきでしょうかね?

たとえ実母といえ、同じ家に80も半ばを過ぎた老人と一緒に暮らすのは、ストレスがあるものです。
でも、風邪一つ引かず、元気にいてくれることは、最大の子孝行。
イライラしたときも、そんな事を考えるだけで、母を愛おしく思えてくるものです。
スポンサーサイト
プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。