スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父、終末(6)

年の瀬で何かと気ぜわしい。
病院も門松を飾り、お正月に備えている。

救急病院なのでお正月も救急外来はやっている。
それでも、ナースステーションには、いつものように混み合った感はなく、やっぱり閑散としている。

CCUには、例の○○医師が一人いただけだった。

父は、両目に濡れたガーゼを当てられ、一見異様な雰囲気で驚いた。
これまでも、酸素マスクやその中には両鼻に管が入れられており、呼吸は口呼吸だった。今度は目まで塞がれ、顔の殆どが何かしらで覆われている状態。
母も一緒に行ったけど、あまりにも異様な様子に驚いたのか、2~3分もしないうちに帰ると言い出す。
私はもう少し話しかけたり手をさすったりしていたいが、怖がる母を見るのも不憫なので従うしかない。

看護士さんが通りかかったので、両目のガーゼについて聞いてみた。
目が開いてしまい、眼球保護のためだという。
意識がないのに目が開いてしまうなんて、ひょっとしたら苦しいのではないかと聞いたが、身体的に苦しかったりすると計測器の数字で表れるが、それも安定している。
ただ胸水が溜まっているだめ、右肺は殆ど肺音は聞こえず、左も下部は聞こえず、殆ど左上部肺のみでの呼吸となってしまっているらしい。
明日は父の主治医が当直なので、また胸水を抜く処置が行われるとか。
これまで2回胸水を抜いているが、1回目が1500cc、2回目は1000ccだったとか。
入院までの体重の増加は、胸に溜まった水だったのね。。。

呼吸も挿管こそしてはいないが人工呼吸器で、無理矢理肺に空気を送っているとか。そうしないと肺に空気が入らないのだそう。

今まで家にいたときも、苦しかったんだろうなぁ~。
寝ても治らず、私や母に聞いても訳が分からず、どれだけ怖い思いをしたことだろう。
スポンサーサイト
プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。