スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘年会の夜に

父はやっぱりしっかりしています。
今日の循環器外来でも、主治医としっかりとした受け答えをし、浮腫みも随分とよくなっています。
でも、昨夜は久しぶりのせん妄状態になり、私たちを悩ませてくれたのでした。

夜中1時半。
娘が最後のお風呂からあがったときでした。
部屋から大きな話し声が聞こえ何事かと行って見ると、父が母のベッドの端に座り込みなにやら訴えています。
「テレビのところに映像が映り、怖い人が何人もこっちを見てカメラを撮っている」と。怖くて眠れないのだそうです。
怯えた顔を見ていると不憫でした。
電気をつけ部屋を明るくし、テレビを新聞紙で覆いました。
脱水症状を起こしているのかもしれないので、コップ一杯の水を飲ませ、娘にホットミルクをつくって持ってきてもらいました。

慢性腎不全なので、本当なら牛乳はよくありません。でもこんな状態になった父を、早く眠らせてあげるのにはこの方法しか分かりませんでした。

私はこの日、久しぶりの友人達と少し早い忘年会をしてきた日の夜でした。
とても楽しく、いろいろな話に盛り上がりました。
老人二人を世話している私を気遣い、いろいろな愚痴を聞いてくれたり、友人達のご両親の話になったりで、本当に楽しかったのです。
そんな事のあった後だけに、そんな思いももう出来なくなってしまった両親が可哀そうでした。

でも、とにかく、早く寝かせてあげなければ。。。
幸い何とかベッドに連れ戻し、ホットミルクを与えて部屋を出ると、2~3分で声は聞こえなくなり、どうやら眠りについたようです。

今日は夕方からケアマネージャーさんや訪問看護師さんなどが見えて、担当者会議の日。
両親も同席していますが、低い声で早口で話せば両親には聞こえないはず。
言いたいこと、伝えたいことをボソボソと話、察した看護師さんやケアマネさんも低い声で話をしてくださいました。
当事者が不安がるといけないので、ケアマネさんが、まるで通訳をしているかのように、言葉を変え、父が傷つかないように説明してくれたのにはとても感謝していいます。

こういう会議は、当事者(利用者)だけじゃなく、介護者の意見もとても大切にきいてくれることに、とても感謝しています。

娘が針治療で孫を連れて私は子守だったので、おんぶしながらとか、ぐずる赤ん坊をあやしながらの、みなさんにはご迷惑おかけした会議ではありましたが、介護者の私としては、このシステムに感謝せざる終えない有意義な会議だったと思えます。

父はそのうち、以前の硬膜下血腫のフォローアップということで、CT検査をしてこようと思っています。
年内にいけるかなぁ~。。。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。