スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足りない薬、足りない心

今日は父はデイでリハビリでした。
昨日からの台風で、朝から仕事に行く娘や夫は大変な騒ぎでしたから、父もこんな様子を見ていたのできっと行きたがらないだろうと思ったのですが、淡々とした雰囲気で出掛けました。

出掛ける前に持っていく薬のチェックをしたのですが、持ち物は大丈夫としても、ピルカレンダーのなかの降圧剤アダラート20mgが1錠足りません。血圧が上がるのを恐れて、何処かで余分に飲んでしまったのでしょう。
ちゃんと数えて入れておいたので間違いはないはずなのです。
父に聞いてもトンチンカンな返事。嘘をついてとぼけているのです。
そのままにしました。補填すればかならずいつかは足りなくなるのです。

デイから帰ると、今日はやっぱり職員も利用者さんも少なかったとか。いつもの30分も前に帰って来ました。ともあれ、ちゃんとリハビリもしたし、お風呂にも入ったそうです。

だんだんと週2回くらいにしたいのですが、まだ先かなぁ~。。。

夕飯の時です。
今日は買い物に行かなかったので、在りモノの野菜と冷凍海老で天麩羅でした。
我が家は天麩羅が好物で、いつも大皿2枚、多いときで3枚ほど揚げます。
でも今日は在りモノ野菜です。茄子が少々足りませんでした。
ところが少ないナスばかり母が食べてしまい、他の家族の分がなくなってしまいました。
自分で作らなくなってしまったからでしょうか?他人を思う気持ちがなくなっているように思います。

「天麩羅は美味しいね」といって沢山食べてくれるのは嬉しいことですが、他の人の分も食べてしまうのは困ります。

最近両親は、自分達が何にも増して最優先であるという態度をとります。優しく労われば労わるほど、自分本位になっていくように感じるのです。家族を労わる気持ちを感じないのです。
たまに労りの言葉を口に出すことはあるのですが、そこに心を感じません。

何より、耳が遠いのに聞こえたフリをするので、会話が成り立っていないのも事実ではあるのですが。
年をとるということは、そういうことなのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 疲れた心
ジャンル : 心と身体

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。