スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母に寄り添う

今日は涼しくて過ごしやすい1日でした。
でも低気圧が近づいて、近県では雨が降っているところもあったようです。
私の首もキンキンと痛みます。。。

でも、こんな過ごしやすい日を逃してなるものかと、午後から夫と二人で庭の草むしりをしました。
夫は長袖の作業着に着替え、私はジーパンに虫除けスプレーを振りまき、頭からタオルをすっぽりと被り、その上からつばの広い帽子を被り、紫外線や虫から完全防備です。
ものすごく怪しい風体に、夫と二人思わず笑ってしまいました。

2時間ほどかけて家庭菜園の畑まですっきりし、風の通りがよくなったからか、涼しく感じて少しは庭の風体も上がったかな?
手はブルブル震え腰は痛いしで、とても重労働でしたが気分は爽快!
むしった草を、庭の隅に山のように積み上げて、作業終了。

母は数年前まで、こんな重労働を愚痴一つ言わずに、一人でやっていたのです。
私は土日もなく仕事でしたし、父はこういったことを手伝う人ではありません。
80歳になってなお、一人で草むしりをしている母の姿を想像すると、グッとこみ上げてしまいます。仕事だろうがなんだろうが、もっと手伝ってあげればよかったと…。

夕飯の支度をしていると、母はいつも私の側に来て手伝おうとします。
私一人では悪いと思うのでしょう。必ず手伝うのです。

私は、お味噌汁は母に作ってもらうと決めています。お味噌汁に関しては、具を一緒に考えますが、調理の段階では一切口出ししません。そうしなければいけないと思っているのです。一つでも作ってもらい、仕事を持ってもらおうと思っているからです。

でも、正直言うと、とても邪魔です。
動きは緩慢だし、私の行こうとする先にいつも立ってるのです。急いでいるときなど、ついついイライラしてしまいます。
そこをグッと堪え、出来るだけ会話をするようにしているのですが、これってかなりなストレスです…。

でもでも、ここは耐えなければなりません。
これは私の務めです。
スポンサーサイト

テーマ : わたしの心
ジャンル : 心と身体

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。