スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節電激電

母の部屋は思いっきりエアコンが利いています。
と言っても操作できない母に代わって、私が室温設定を27度にしてあるので、節電にはかわりないのですが。
母は、7分袖のブラウスに、しっかり靴下をはいて、真っ正面に扇風機で冷風に浸っています。
靴下を脱ぐように言ったのですが、頑として言う事を聞こうとしません。もういいです。

2匹居るうちの黒い方は、やっぱり暑いのが苦手なのか、母の部屋にいりびたって出てきません。
ま、暑くてハァハァされるよりいいので私も放っておきます。
さほどでもない白い方は、私の後を付いて回ってヘロヘロしています。

私は・・・。
扇風機で頑張っています。
暑いです。
なので、もう少し我慢して、いよいよとなったらお買い物にでも行きましょう。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

ありがとうという言葉

先日の保険証紛失騒ぎから3日目、昼ご飯をとっている私のところに「保険証が見つかったの」と、申し訳なさそうに母が言いに来ました。
聞くと、いつも入れている引き出しの中から見つかったのだそうです。
几帳面な母はきっと、帰ってすぐにあるべき所にしまい、着替えをして手を洗い、診察券を見ようとバッグの中を見たらないので慌ててしまったということなのだと思います。
やれやれなことですが、私も一緒に居たことですし、置き忘れるとか落とすとかはとても考えにくいのです。
母はホッとしたようでした。

そして今日、2日目の歯医者さん。
紛失の事には一切触れず、雨の中二人で行ってきました。
今日はまた型取りで先日以上の時間が掛かりましたが、買い物をしたり、待ち合いで本を読んで待っていました。
気軽に誘った歯医者ですが、長時間、しかも何回も型取りするのはきっと負担に違いありません。少し気の毒になってしまいました。

終わって帰宅し、夕飯の支度をしていると母がキッチンにやって来ました。
「あのね、またなくなっちゃったの、診察券・・・」
今にも泣き出しそうな顔で訴えてきます。

先日見つかった場所は探したの?と聞いても「不思議だわ、何処を探してもないの」の繰り返しです。
しょうがないので料理の手を休め、一緒に探す事にしました。
というか、きっと例の引き出しにあるだろうと思っていたのですが。

一応バッグの中を探し、次に問題の引き出しを開けてみました。
・・・「これはなにかなぁ~?(微笑)」と言いながら保険証の入ったファイルを差し出すと、母はみるみる泣き顔になりながら、それでも一緒に大笑いです。

86歳なんだもの、年寄りよねと言葉では私も簡単に言いますが、本当に年取っちゃったんだなぁ~と、私までしんみり。
でも、そんな顔を見せては母が不安になってしまいます。
あくまでも明るく装いながら、母の好きなカボチャを煮たのでした。

先日、父がお世話になった訪問看護センターから電話がありました。
3日にお線香をあげに来て下さるとのことです。忙しいのに、本当に有り難いです。
ここには書きませんでしたが、葬儀が終わり暫くして、お世話になったデイケアから電話があり、夕方お仕事が終わった後、7人もの方々で、お花を持ってお線香をあげに来て下さり、暫くの時間、父の思い出話をしていって下さいました。

いろいろな話を聞いて、父は幸せだったと思います。

訪問ヘルパーさんは葬儀にも来て下さり、全て終わった後にご挨拶に伺いました。
その方はまだお若い男性で、そこの事務所の社長さんです。
事務所に通されていろいろお話をしたとき、3年ほどのお付き合いのなかで父が最後まで敬語を使い、お世話をしたあとには必ず"ありがとう”といってくれたと涙ぐんでくださいました。
何年もお付き合いをしていると、なぁなぁになってくる方が多い中、絶対に敬語を崩さなかったというのです。
父らしいです。
“ありがとう”はしょっちゅう私にも言っていました。
病院に一緒に行けば「ありがとう、おつかれさま」。頼まれた事をすれば必ず「ありがとうね」と。
親子である私には何も感じなかったことですが、ヘルパーさんはとても嬉しかったのだそうです。

そんな父を見ていたからか、母も最近よく私に「ありがとう」と言います。
私としては、今更何他人行儀な事を言ってるのかしらという気持ちで、少々寂しい気分なのですが。。。

テーマ : 心と言葉。
ジャンル : 心と身体

母への思い

ここ1~2年、母の意識の衰えが目立って来ています。
父が生きていた頃、自分は父の看病が役目とばかり、身の回りの世話は殆ど母がやっていました。
でも、一昨年から比べてみると、父の着ている服がいつも同じだったり、洗濯の時に一緒に洗うからか、夫の下着が著しくなくなり、反対に父のタンスの中が込み入って来たりということが目立ちました。
気がついてはいたものの、取り立てて重大なことでもなし、私も見て見ぬ振りをしていたわけです。

父が亡くなり、身の回りやタンスの整理などをしていると、夫の下着から靴下から、出てくるわ出てくるわ。
「これ夫のだよ」と言っても、頑固な母は「違うよ、お父さんのだ」の一点張り。
これも今となってはどっちでもいいことなので「じゃもらっておくよ」と持って来ちゃいます。

出来るだけ波風たてないで、母の思う通りの事をさせています。

今日は私が午前中から出かけたので、ちょっとした買い物を済ませてお昼過ぎに戻りました。
パンがないのでコンビニで買って来たのですが、母も私の留守中に散歩がてら買って来たとか。
お互いに一言伝え合えば済む事ですし、パン2斤などすぐに食べてしまうので「あららぁ~(笑)」でおしまい。
でも、私の中では、結構フラストレーション溜まってしまうのも事実です。

母は今まで、父の事で一生懸命でした。
終末末期では、父との会話も鬼気迫るものがあり、それもこれも、父が頻繁に手を煩わせる事を訴えてきていたので相当苛立っていたのではないかと思います。
今では全てが解放され、寂しさというよりも安堵感でいっぱいなのだと思うのです。
自分の体だって、若い頃と違い、いろいろともどかしさもあるでしょうし、疲れている時もあったでしょう。
それでも世話をしなければならないというのは、端で見ているより相当大変なことだったと思います。

母は父が死んでしまった事について一言も言いません。勝ち気な性格が言わせないのでしょう。
でも、その強さがあったからこそ、あの大変な終末期を父に寄り添っていけたのだと思います。
私なんか、夫と話をしているとしょっちゅうメソメソしてしまうのに、母には語る相手がいないのですから可哀想です。
私が話し相手になってあげられればいのですけど、母は耳が遠く、補聴器をつけようとしないので私には苦痛です。私は持病のせいか大声を出す事ができません。

そんな事で益々孤立してしまうというのも事実です。それがよけいにいけないことなのでしょう。
時々他人行儀な態度をとることもあり、夫がかなり心配しています。

テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

母の誕生日

今日は母の83歳の誕生日でした。。。うそです。
昨日の22日でした。

22日は朝から寒く、私は起きたときから体調が思わしくありませんでした。
肩はコリコリになって首が痛い。この分だと、今日はお昼を回った頃に頭痛でしょう。
こういう時は気分も沈みます。
母の誕生日で、プレゼントを買いに行く予定でした。そして夕方にはみんなで外食をするつもりでした。
でも、体が動かない。。。。

ところが今日は何としたことでしょう!
首も肩も痛くない!お天気のせいでしょうか?

早速娘と買い物に出ました。
カーディガンをメインに、下着一式と靴下と、最後はホールケーキ。
蝋燭を83本分つけてもらいました。長いのが8本、短いのが3本です。

プレゼントを渡すと、とても照れくさそう。
みんなでケーキを囲み、ハッピーバースデーの歌を唄い、一時、家族団らんの楽しい一時を過ごしました。

明日は父の病院です。心臓エコーの検査です。

ここ2日ほどの父はいたって普通にしていて、物忘れもなく、言葉使いも、私の分からない(爆)難しい単語を使ったりしています。
目もしっかりそていて、あれはいったい何だったの?と思ってしまうほどです。

やっぱり小さな脳梗塞をおこしているのでしょうか?
脳外科への受診は出来るだけ年内に、以前やった硬膜下血腫のその後の定期健診ということで連れて行こうと思ってます。

でもなぁ、普通なんだよなぁ~。。。
時間も日にちも、とてもしっかりしているし。。。
浮腫みをとる利尿剤で体が締まり、意識もしっかり締まってきたってこと?
・・・そんなこと、あるわけないよなぁ~~~。。。。。

テーマ : 贈り物・プレゼント
ジャンル : ライフ

お買い物

今日は父のデイの日です。
お迎えが来る少し前、母と二人で大騒ぎで支度をしています。
なかなか来ないとか、遅くなる電話も来ないとかいろいろ言ってます。
まだ約束の時間より5分前。10分も遅れたらとんでもない大騒ぎです。

でも、文句を言わず、前の晩は着ていく洋服を揃え、薬の用意やお風呂のあとの着替えの用意と、頑張っています。
私はあえて口を出しません。母と二人で出来ることは、ギリギリまで二人で頑張って欲しいからです。
私が手を出すのはいつでも出来ますからね。

さて、母も半日フリーです。
今日は孫から出張命令も来ていません。
久しぶりにお買い物にでも誘おうかと声を掛けたら2つ返事で大乗り気。
早速支度をして、そのまえに近所にある小洒落た日本料理屋さんで昼食です。
母は松花堂弁当で私は和惣菜弁当を注文しました。
二人で3000円でちょっとお釣りが来る、それでも久々に贅沢なランチでした。

さて、それから買い物です。
母も久々にいろいろ見て周り、まるで弾けるかのように買い物を楽しみました。
一緒に付き合っていると私まで欲しくなってしまうので、大変です。
帰りに寄ったスーパーでは、食材も同様に買い漁っていました。

考えてみたら、こうした買い物も何ヶ月ぶりでしょう?
母だってきっとストレスが溜まっているに違いありません。
父の面倒を看る事がストレスということではなく、家の中で父の二人で、行くところは病院と近所のお散歩。
もともと買い物の大好きな母だっただけに、生き生きとしていました。
たまには連れ出さないとね。。。

でもね、結局買ったのは、父の下着と冬物布団カバーにシーツ、靴下と全部父のものばかり。
昨日私は、買い物のついでに値引きされていた母のセーターを買ったのですが、それが大層気に入ったようです。
私はあんたに買ってもらったのがあるからと、自分のを見ようともしない母でした。
何でも自分は後回しな母なのです。

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。