スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年寄りと暮らすこと

父が倒れてから、私はいろいろな人のblogを愛読している。
殆どが介護をしている人達の日記で、励まされたり元気を貰ったりしていた。

でも、みんな泣いている。苦しんでいる。
古今東西、何故、若い人達は年寄りに苦しめられるんだろう?
嫁姑の間でも、実の親子でも、みんなみんな苦しめられている。
親が認知症であっても健康であっても、一緒に暮らしている若い人は、世話をしている人は、泣いたり苦しんだりの繰り返し。
年寄りは、そういう事を自覚しているのだろうか?

そして私たちもやがて年老いて、可愛い自分の子供達を苦しめるのだろうか?

そんなことを、ふと思った1日。
スポンサーサイト

テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

父デイの日

先日の循環器外来の時にはあまり気にはならなかったのですが、今日になって父の足がかなりむくんでいる事に気がつきました。
というのも、夕飯のときに父が「足が脚気になったかもしれない」と言ってきた事からでした。

脚気ぇ~?と思ったのですが、父としてはそのくらいしか思いつかなかったのでしょう。
診てみると確かにかなり浮腫んでいます。
おそらく、ここ数日ご機嫌斜めで、母が根負けしていろいろと食べているせいだと思います。
顔も少々浮腫んでいます。
うぅ~ん、どうしたものでしょうか。
おしっこも順調に出ているようだし、便秘も1/2の割合で出ているようだし、浮腫んでいるからといって水分制限は出来ないし、難しいとことです。

とりあえずは、明日に訪問看護があるので、看護士さんにも相談してみようと思います。

今日は父は嫌々ながらもデイに行きました。
チャンスなので、ここ数日のストレス発散のためにも、母を連れ出して長女のマンションに出掛けました。
お昼を長女と3人で食べて、孫(母にとっては曾孫)と遊んで、ほんの数時間のことですが楽しんでいたようです。
行き帰りの車の中ではいろいろと話が弾み、先日には友人に電話をして長話をしたとか。
何でもその方が、暫くぶりで銀座を歩いてきたということでした。
80過ぎのばぁちゃんが一人で銀座を歩ける訳がありません。ご家族の方がリフレッシュに連れていってあげたのでしょう。
母にも「銀座に行きたい?」と訪ねると、疲れるからイヤとのこと。
でも、近所にあるデパートには行ってみたいとのことでした。
近々、考えなければなりません。

テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

お願いします

昨日はケアマネさんの月一回の訪問がありました。
私は事前に連絡をもらって知っていたのですが、父には伝えてありませんでした。
事前に言うと、デイのごとく大騒ぎだからです。

昨日もケアマネさんは、父のプライドの高さを思いっきり満足させてくれるような受け答えで、ああ、これは仕事だから出来るんだろうなと感心してみたり、そうか、こう言えばいいのか!と教えてもらったり。
私はチクリチクリと父の悪い癖を告げ口をしたりで、親子共々気分が晴れるようでした。

父はとても饒舌に、ふと5~6年前を思い出してしまうほど話題も豊富に話をします。デイの事、体の事、家族の事。
へぇ~、こんなこと考えていたんだぁ~とびっくりするほどです。
普段からこのくらい頭を使って私と話してくれたら、会話も成り立つのになぁ~。

今日は父のデイの日でした。
勿論昨夜は、定例の行事が恙無く執り行われたのですが、最近では私も要領を得たのか、さほど苦労もなくなってきたように思います。

私は父の居ない時には、母のストレスを解消すべく出来るだけ連れ出して、買い物や長女の家に出掛けたりするようにしています。
今日は買い物に行って、久しぶりに美味しいランチにでも誘おうと思っていたのですが。。。

「今日は美容院に行ってくるからお留守番お願いね!」と母…。
なんだぁ~、美味しいランチが逃げていったぁ~。。。

母も母なりに、自分のストレス発散を考えているのでしょうか?
84才、まだまだダイジョーブのようです。

でも・・・、散歩や美容院の帰り道、いつも同じお菓子屋さんで、同じよもぎ餅ばかりを買ってくるのは勘弁ね~。
いい加減よもぎ餅は飽きました。。。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

駄々っ子

父は自分の思うようにならないと、すぐに母に八つ当たりをします。
甘えているのです。母には遠慮なく、自分の思いを発散できますから。

ところがよくしたことに、母に八つ当たりは通じません。
というのも、父が駄々っ子になればなるほど、母は猛ハッスル!
まるで小さい子供をあやす若いママさんのようになるのです。
大した人です、あの方は。。。

あるデイに行く前夜のことです。
母は父の持ち物や薬の用意をしています。

父「何してるの?」
母「お父さんの明日の支度をしているんでしょ」
父「明日はオレは何処にも行かないよ。そんな事するから行かなくちゃならないんじゃないかっ!」
母「だって朝には迎えに来てくれるでしょ。支度しなくちゃしょうがないでしょ!」
父「あんたがそうやって行くようにするんじゃないか!オレは行きたくないのに、あんたが行くように仕向けているんじゃないか!」
母「だってお迎えがくるんだかた、それまで支度しなくちゃならないでしょ」

二人の会話はこうして同じ事を何度も言い合っています。
一つ違うことは、父は相当なオカンムリ。
そして母は、しまいには笑い出しながら言っていること。
聞いている私は、噴出すのを堪えながらそぉ~っと自分の部屋に引き返すのです。

テーマ : 人生のコツ, 生き方のコツ
ジャンル : 心と身体

それぞれの1日

今日は父のデイの日です。
フリーになった母を連れて、定期外来に行ってきました。
基礎疾患といわれるものは殆どなく、おもに高血圧と骨粗鬆症が主だった治療になっています。
いつもの通りの問診のあと、処方箋を頂いて小一時間ほどで診察は終わりました。
父と比べると何と簡単なことでしょう。

帰り道に、母が曾孫に会いたいようなことを言い出したので、早速長女に電話。
お昼を食べにおいで~で早速出掛けました。

父の帰る時間は3時チョットすぎ。
30分で家に着くといっても、マンションの部屋から駐車場まで母の足では10分掛かります。
孫と会っていられるのは2時間チョット。
3人で昼食をとりながら孫に離乳食をあたえたりして、お茶を飲んでいるともう帰る時間です。
それでも母は楽しそうです。
毎回父のデイに来るというわけには行きませんが、月に1度くらいはよい気分転換になりますね。

帰宅して暫くすると父のご帰還。
あれほど行きたくなかったはずなのに、帰ってくると妙にハイテンション。
きっと施設ではそんな父を気遣って、いろいろと配慮してくださっているのでしょう。
夜、床につくまでご機嫌な父でした。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

プロフィール

kawasemi

Author:kawasemi
父の看病をするようになってやっと一人前の大人になったような、天然炸裂、本当に暢気なkawasemiです。
父は2011年1月24日に亡くなり、今は母を見守りながら夫と3人暮らしです。
  
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
興味津々
無添加化粧品の美杏香 アフィリエイト・SEO対策
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。